« 1945年3月13日 | トップページ | おもろいなかま »

2013年3月16日 (土)

エサ。

さて、
Img_4524
庭の改造をした時に
土の中から
Img_4648
発掘されました。
奈良時代だとか、平安時代だとか、なんで土の中やねん。
と、ずっと思って来たけれど
  出てくるもんですな・・・・
推定50年前に埋まったのではないかと思われます。
Img_4647
発掘品にしては美品でございます。
なんかの拍子で地ベタに落ちて
月日と共に土の中へと・・・・・・・・
これは鳥のエサ入れです。  たぶん。
Img_4573
ふぁいなるあんさぁ?
う~~~~~~ん・・・・・・・
じゃあ、何よ? これって、何よ???
分かんないんでしょ?
皆さんだって、分かんないでしょ??
だから、決めます。
これは、鳥のエサ入れです。
Img_4665
中に入れるエサも買ってみました。
麻の実。
これを入れて、野鳥を誘き寄せようと云う魂胆です。
ワタクシ位の上級者になると、ミカンを半分に切って
メジロ狙いだとか、そういうんじゃないです。
Img_4663
ヤマガラ、シジュウガラ、イカル狙いです。
ぬを~~~~っほっほっほっほ!
Img_4571
エサ入れにミカンは無理だからでしょ?
・・・・・・・・・・、いいもん。イカルすきだし・・・・・
黄色いくちばしでエサをクルクルまわすんだぜ~
見たいじゃん・・・・・・・
メジロもウグイスもそんなに見たくないもん(涙)

とにかく、エサ入れの設営ですよ。
Img_4653
黒文字削って針金引っ張り出してコレを作り
Img_4654
こうすると。
これを木に引っ掛けたて、イカル級のが器に足を掛けたら
Img_4598
器、耐えきれず落下しコッパ微塵♪
50年ぶりに地上にでて寿命1週間だなんて、セミか!
それは避けたいので、
ガッツリ安定した所にスタンバって頂きましょう
どん!
Img_4668
灯篭の上。
Img_4669
ここ、ここ♪
どうよ~~~。良い感じじゃないですか??
これで、ワタクシは家の中に入って
Img_4674
シャッターチャンスを狙え!
という訳です。 完璧です。
ズームにすると
Img_4646
鳥、早よ来い♪
と、なる訳です。 完璧です。
最初は、器の中のエサに手を出すのは勇気が要るだろうと
Img_4672
撒き餌までしたもんね~~(見えないか?)
楽しみでたまりません!
最初に来るのは、きっと シジュウガラだと思うの。
ココらへんは雀より沢山見かけるからきっと、シジュウガラ!
とても楽しみです♪

ほう~~~~ら、
Img_4665
これも鳥の皆さんには
Img_46661
こんな風にみえてるのかな~~♪
Img_4667_2
ほう~~~ら。これだって
Img_46671
こうみえるんじゃないの~~~??

ささ、早くいらっしゃい! 待っているわ♪
Img_4328
アマいですね。
 麻の実の嗜好性をよく見てみなさい。


はぁ? さっき見たじゃん。 何言ってんでしょう。
Img_4658
「ヤマガラ、シジュウガラ、イカル等の野鳥類、
ハト、中型・大型インコ類、及び
ハムスター、リスなども好んで食べます。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
はむすたぁ・・・・・・・・・は、ネズミの親戚?



       やめよっかな。

Img_4346
「麻の実」買う前に気が付かない?普通。

・・・・・・・・・・・・・。夜になったらなおせばいいんじゃね?
(共通弁では「仕舞う」ですか?)
その手間をワタクシが惜しむとお思いで?

ね、ね、ネズミも見てみたいかな~~~

つうかさ、ネズミもイヤだけどさ。
ハトが群れなしてやってきてもイヤじゃん。

根本言えば、麻の実の撒き餌でいいんじゃないの?
あの、器に入れる必要ある?
って、器使う必要なければ 鳥にエサやる事もなくね?
Img_4326
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
その後どうなるかは、乞うご期待!  しなくていいです。





























« 1945年3月13日 | トップページ | おもろいなかま »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ネズミはにゃん姐さんいるから来ないかもね。
誰が先に見つけるか?
小鳥であってほしいね。
もっと深く掘るとこの辺りはやばいのよね。
出てくるよね。
奈良時代のもの。
それで発掘作業が始まるらしいよね。
地下は掘らない方がいいと言われたらしい。

そういう鳩が好むものを置くと絶対、鳩が来るから、「やめたほうがいいよ。
私はスズメ用に小鳥の餌を買ってます。ヒヨドリは乾燥したものが嫌いなので
あまり来なくなったけど、キジバトが居付いてしまい、そのうちに相方を連れてくるようになってしまった。そのキジバト・カップルは不思議にも当家の敷地内で糞をしないので来てもかまわないと思うようになったのだけど。
結論から言うと、たーさんちは、↑でなつこさんがお書きのように「にゃん」姉さんがいるし、ゴエちゃんもいるから来ないでしょう。はい。

「来ない」のはネズミだけじゃなくて、スズメなども…です。
すごくよく観ていて敏感だから。

実家でいつも、食べごろになるとイチヂクを百舌に食べられて憤慨していたのを思い出しましたアル。

固いうちにはもいだらもったいない。でも熟れるとすぐ食べられてしまう。
百舌、にっくき鳥だった。

しかし大人になって、庭にイチヂクが植わっているのが凶だと聞いて、
ちょっと微妙・・・

なっちゃん。
ニャンは奥の別棟の家の中だけ、犬はまさしく「犬走り」と呼ばれる土間と事務所を生息地としていて この母屋の庭は一日1度人が入る(掃除にね)だけの空間で たま~~~に、イレギュラーで人間が出没すると ノベ~~~っと昼寝している猫と遭遇してお互い慌てる。  と、云う場所です。
この間は洗濯機が回っている音がして「なんでやねん!」と見に行ったらツクバイでヒヨが水浴びしてました。  
 ず~~~~っと、昔は 猫がネズミを捕まえてこの庭で
           THE! 解体ショー!
を繰り広げた・・・・・・・、後処理をさせられた事もありました・・・・・・・。
なんか、もう・・・・・・・・・・。 鳥を誘き寄せてもテンだかイタチだかネコだかに襲われてその処理するのも・・・・・・・
           撤収したほうが良さげよね?

MIAWさん!
アマイ! 古民家ナメタラあかんぜよ!
随分前に、滅多に開けない母屋の押し入れを開けましたらね
       イタチあたりが巣食ってました。
お坊さん用の座布団掘って綿出して巣食ってました! あまりの衝撃に開けた扉を無言で〆て おねいちゃんに
       「だれか、ココに住んではる」
と、告げましたよ・・・・・・・。 もうね、怖いったらありゃしませんよ。
いや、油断もスキもありゃしませんよ・・・・。 今は誰も住んでませんけどね。
それが普通なんですけれどもね。 だからネズミどころかテンもイタチも麻の実食べ放題・・・・・・、は避けたいです。

たがめっち。
いちぢくって大きくなるんですよね。 毎年とても短く剪定しても翌年にはニョキ!と枝がでてくるからね~~。 それしなかったらイチヂクがでかくなりすぎて大変な事になっちゃうのよね。 ウチにもあった。 毎年沢山成った。 ビワもあった。 枝が払えないほど大きくなってしまって、実が小さいけれど沢山成ったよ~~。 どちらも普通の家には植えない方がい良いみたいね? そうみたいね?  今はもうないけどね。 コンクリートで埋めちゃいまいたわ。

師匠。
別画面が写ったと同時に吹き出してしもた・・・・・。
鞍馬天狗か、イカ焼きか。 という説もあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1861505/50763961

この記事へのトラックバック一覧です: エサ。:

« 1945年3月13日 | トップページ | おもろいなかま »

無料ブログはココログ