« 5歩下がる! | トップページ | 犬 前庭疾患の養生ブース »

2013年11月22日 (金)

犬 その後

犬は「いいね!」とは全く言えない状態でございます。
発症してから18日目なのですが依然回転レシーブです。
それでしか移動が出来ない状態です。 つまり歩きません。

12日目には、自分で立ちあがり、くるっと2,3周歩いて
心から喜ばせてくれたのですが

13日目未明、角材で頭を強打に連打が悪かったのか
悪化というか後退してしまいました。

食欲も減り体力低下したせいか、お座りしても踏ん張れず
前足が開脚していき、体勢崩れて回転レシーブ!になります。
回転レシーブは体も頭も床に叩き付けなかなか止まれず
体力消耗甚だしく・・・ 悪循環です。

15日目には、1週間ぶりに病院に行ったのですが 先生は
診察台に乗るや回転を始める犬をみて 
とりあえず、もう1週間分の飲み薬を頂きましたが
「こちらで出来る事はもうありません」
という事でした。 飲み薬もこれが無くなれば終わりです。
通院の必要もないそうです。

つまりは、これ以上良くなる事はないかもしれない。
という事なのでしょうか・・・・・・。
体重も初回11.6キロ。 7日目10.4キロ。 15日目9.6キロ
確実に痩せております。
食べる量が少ないからか・・・・・。

16日目、頭を持ち上げても振り子のようにユラユラと定まらない。
 
そこまで体力が落ちているのかと思うと・・・・・・

       落ち込ますわ。

何故13日夜中にもっと早く犬の所へと行かなかったか・・・・・
そうすれば、怪我せずに今頃はスタスタと歩いていたのでは
後悔してもしかたないのですが
怪我が治りつつある今、そのカサブタが親指程もあり
広がりよりも奥への深さに驚き・・・・・・ 申し訳なく・・・・

体力を付ける以外に今は方法が無い気がします。
もしかしたら、体力さえつけばなんとかなるかも!
なので、(ほとびる)さんに教えて頂いた
生肉を食べさす事にしました。

生肉は、とても犬の体には良いみたいです。
生肉のなかにある酵素は整腸作用があり、消化吸収を助けます。
馬肉が良いらしいのですが、今はカロリー多めの牛肉です。
初めてあげる子は慣れるまで時間がかかるかも知れないので
すが、 ウチの子は 大丈夫でした。

牛肉だったら一日に100gづつ食べとります。
体重9キロの柴犬だと、もっと与えた方が良いのでしょうか?
分かりませんが・・・・・ 

そのお陰か、新生児のような首が、ある程度座ってまいりました。
潤さん。本当に有難うございます。

これからは、元通りという希望ももちつつ
この状態で永遠の世話を覚悟をする時期ですね。

16日目より、夜は裏の家で一緒に寝る事にしました。
昼間は比較的静かにしていて、夜に事故が起こるからです。
遠い所まで見に行くのも辛いし、不安で寝られな事もありましたし。
ですが、横に寝ていても寝られるものでもないです。
不安も無くなるかというと、頻繁に回る犬を目の当たりにすると
これから先の事を考えて 不安は爆発的に膨らみます。
夜に考え事をしてはいけないのです。
悪い事しか思いつきません。

そんな本日。 18日目。
今度は後頭部を連打に強打しました。
どれだけの時間その状態だったのか不明です。
最長5時間・・・・・・・。(初めて会社に行っている昼の時間帯でした) 
前回の目の上と現場は違うが同様の状態です。
流血はありませんでした。
広範囲に真っ赤に薄皮が剥けた状態です。

怪我をさせた事は完全に人間のせいです。

ツメが甘かった・・・・・・・。
悔いても悔いても・・・・。
言い訳などする余地はありません。
裏の家で夜を過ごすよりも
事務所を介護施設として強化するほうがよさそうです。
慣れた事務所で過ごす方が犬も安心するみたいです。
朝、5時半に事務所に連れてきたら途端に熟睡ですから・・・
それに、この分では昼間も危ないですし
完全に囲ってしまう方が良いでしょう。

完全にガード出来れば怪我の心配だけはしなくて済みます。
事務所とは呼べない状況になりそうですが
ココしかないので仕方ないです。

これから一体どうなるのでしょうか・・・・・
犬は今、疲れ果てたのか身動きもせず寝ています。
回復の見込みはないと思うべきなのでしょうか・・・・



今日、嫁に出した姉(妄想)からの頂きものの中に
   「がんばり過ぎなや~」
という一言お手紙が入っていました。

泣けました。

« 5歩下がる! | トップページ | 犬 前庭疾患の養生ブース »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

たーさん、どう言葉をかけていいかわからない。でもやっぱり目を離さずについていてあげるしかないよね・・・、辛いよね。読んでいて泣けてきたよ。私の場合も、何であのときああしたのだろうという後悔ばかり。(娘の披露宴で病院に2泊も預けたことを今でもまだ後悔している、でもそれは仕方ないこととわかっていても)ブログに書いて少しでも気持ちが落ち着くならいっぱい書いてね。しんどいけれど自分で抱え込まないで。家族で交代できることは甘えてね。ごえちゃんの快復、少しでもよくなりますように、心から祈ってます。(規)

たーさん。
経験した人にしかわからないかもしれないけれど、経験のないワタシが読んで涙が出ました。
つらいごえもんさんも、それを見ているたーさんとご家族さまも、お互いに混乱してしまいますよね。
ブログに書くと少しは気持ちが落ち着きますか?
お祈りしか出来なくて歯がゆいです。

ゴエと出会ったのが8年、9年前だったかなぁ。
芝 飼わへんか?と声をかけていただいたのを覚えております。
かなり懐いてくれので、かわいがってましたね。
それで、わたしも芝犬を飼いました。
一度だけ連れて行きましたが、うちの とら は完全アウェイで吠えまくられてましたね。
14歳となると、当然あの時のように跳ねまくるのは厳しいでしょうが、ファンヒーターの前に陣取って、喰いモンの気配を感じたら、機敏なアクションをとるゴエに戻るといいですね。
大変でしょうが、ゴエも闘っています。
うちの親父は、自発呼吸できなくて末期と宣告されながら、24日に奇跡の退院をします。病院と家族のサポートお陰です。
ゴエにも一生懸命サポートしている家族が居るのだから、奇跡が訪れるでしょう。

私はごえちゃん以上におがが心配だわ。
冗談で添い寝って?って言ったけど、本当に近くで寝てるのね。
無理せず、おがの休める時間も作って。無理はだめだよ。
怪我したのも、飼い主のせいじゃあないよ。
病気のせいなんだから仕方なかったよ。
ごえちゃんは、大好きなおがが声かけてくれるだけで、安心すると思うよ。
あとは、元気になってくれることを祈るよ。

谷さん。
ありがとうございます。
これは、治らないと思います。 
夜中の徘徊や、夜泣き・・・・、前の犬で老犬の介護はプロだ!と思っていたのですが
まさか、こんなパワフルで敷物も何もかもが一瞬でぐちゃぐちゃになりオムツも出来ない介護があるとは・・・・・  
大人しい時は大人しいのですけれどねぇ。 それがあるからなんとか耐えられているのですが。 
床ずれというか、くるくると回る間に擦れてあちこちと傷だらけです。 これも床ずれの一種でしょうか? 
犬も辛いのですものね。 がんばらないと

Iさん
笑い飛ばせる所を逸したというか その境地までいってません。
行けるようになるんでしょうかね?
私には姉がいてくれます。
、姉がものすごく、ものすごく、ものすごく色々と考えてくれ
付き合ってくれ、やってくれます。
有難いと思います。
一人では無理ですもの・・・・・。 核家族ではどうされているのでしょうか?
このパワフル介護は すごいです。

師匠。
そうです。そうです。 師匠は家にやって来たその時からご存知ですよね。
あの頃のふっさふさの毛並みも、今井っちの机の所でしかウンチしなかった事も、アトピーになってしまってビンボ臭い毛並みになったのも、全部全部ご存知ですよね。
師匠に懐いてしまって、こちらのお店に引っ越してからも敷居を跨ぐまえから騒いでましたよね。  前の犬は介護しているときも愛おしくて・・・、でも今のゴエは辛くて・・・・

御父様がそこまで大変だったとは、知りませんでした。
ご家族も退院まで大変だったですね。 お父様もすごいです!
本当によかったですね! おめでとうございます!!
ごえも、それにあやかってがんばれ!!!

なっちゃん。
ありがとう~~~
そうやねん。 実はへろへろ。
今日はおねいちゃんが、一晩付いてくれました。
午前3時まで寝させてもらって 有難いです。
おねいちゃんはすごいんです。

ごえは何をおもっているのでしょうか? 
ごめんね、ごえ

いつもいつもごえちゃんに、癒しをもらっているのに、こんな時に何の力にもなれない自分がなさけないです。体力をつけるためにも、少しでも口から物を食べてほしいですよね。「生肉」聞いただけでも腹の底から力がわいてきます。ごえちゃんの体力が戻って、目まいよ止まれっっ!!(念力)。たーさん、ご家族さまも連日お疲れを溜めませんように。これからも応援しています。

ぽちさん。
ありがとうございます。
ごえちゃんは頭部を中心に重症で その他も床ずれと ズタボロですが
イタイとも云わずにがんばってます。
昔から痛みには強い犬だったのですが、こうなると 申し訳なくて・・・
本日、新しい養生ブースが出来上がりました。
今までで一番良いみたいです。
これでうまく行けばいいのですが。
神に願うばかりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1861505/53999436

この記事へのトラックバック一覧です: 犬 その後:

« 5歩下がる! | トップページ | 犬 前庭疾患の養生ブース »

無料ブログはココログ