« 犬 その後 | トップページ | ほどがある »

2013年11月27日 (水)

犬 前庭疾患の養生ブース

犬は、相変わらず回っております。
この回っているのを見るのが大変辛いのです。
そんな犬は多分ウチだけではないはずです。
この犬の養生ブースはどうすればいいかと
色々と調べましたが、なかなか見つからず
今後、そんな事でお困りの方がいらっしゃれば参考にと
ちょっと沢山書きますが、ご了承ください。

体中を地面に叩き付ける様子は、
治る病気も治らないのでは・・・と思う位です。
七転八倒。 脳ミソも崩れる。
そういうのがピッタリなんです。ドタンバタンと派手ですし
体中が擦過傷に打撲です。

ホンの数ミリの段差に隙間があれば事故が起こります
そのせいで治りが遅いのかとも思います。
Img_0125
お布団の上で寝ていてくれればいいのですが
その下の部分は保護はしていると云ってもやはり
犬には堅かったのでしょう・・・・・・・・。
最初の頭を打った時にはまだそれほどでもなかったのですが
2度目のまさかの隙間から 
Img_9300
(元気なころ。 ゴエのお気に入りの場所です)
何時も寝ていた机の下の背もたれ角材で今度は後頭部を連打。
入りたくて入ったのではなく、転がっている間に入り込んで
出られなくなり、角材か床に数時間連打していたのでしょう。
本当に申し訳ありません。 ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい・・

これではダメだと完全に怪我をしない空間を作る事にしました。
Img_0165
こんな感じです。 応接セットの机を取り出して作りました。
ソファーで周りをガードして、回転しても大丈夫な空間を作りました。
床面は、底から
    低反発マットレス
         ぷちぷちシート
         ペットシート
         綿マット
となっています。 これで少しはクッションになるでしょうか?
Img_0175
人間もたまに温かいシェルターの中でくつろいだり。

側面にもクッション性のある物を当ててます。
ソファーの足の隙間には段ボールに防寒発砲スチロールでカバーし
回転しつつ振り下ろされた足は、側面から数ミリの隙間を滑り込み
一番下の低反発マットレスの中に突っ込み
身動きとれなくなるのは目に見えていたので
隙間全部にタオルを詰め込み
プチプチシートを発砲スチロールの上の方まで覆いました。

         が。

翌朝見に行くと 簡単に突破されプチプチシートが剥がれていたので
それから改良すること2回。
只今は プチプチシートの上に
Img_0184
青シートでガッツリ側面全体をガード。
プールの様になってます。 
側面90度角にならないようにタオルケットを丸めて補強し
カーブをつけて、足がスムーズに流れるようにもしました。

白いベタベタ貼ってあるテープは養生テープです。
痕も残らないし犬に引っ付いても大丈夫だし 良いですよ♪

ひどい状態ですが、今日はなんとかコレで無事に済みそうです。
直接犬に当る部分には、大きなシーツで覆うと、見た目が良いですが
もがく犬が、シーツに絡まって身動きできなくなりそうなので
 
細切れのマットを使ってます。

こうすれば、少し汚れてもその部分だけ洗濯すればいいので
好都合です!

今も、物凄い勢いで回転しております。
非常に不安で恐ろしいのですが
この青シートのお陰で怪我の心配だけでもないのなら
心おきなく回って下さい。

生肉を食べるお陰か、食欲があり、吐き気無し。
今の心配は後頭部の傷と、右後足の付け根内側にある
物凄い青あざと運動機能。
これが治れば、元々の前庭疾患だけを見ていればいいのですが

色々と、皆様にご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
「がんばれ!」と美味しいマロンシュークリームを下さった 潤さん。
「まずは、人間が元気にならんとな!」と 
コロッケにお菓子で勇気付けてくれた ひろゆきちゃん。
「肉球マッサージしてあげて」と
手作りアロマクリームやおむつや持って来て下さった 犬お友達。
「たーさん、はい食べて」と
お菓子共に 力づけて下さった しをんさん
「ごえどない?」と
自分の事の様に心配して下さる奈良倶楽部さん。
沢山のタオルにケーキまで持って来て下さりホントに感謝してます

その他にも沢山のみなさん。 本当に有難うございます。
有難う!と言おうとして 言葉に詰まった時もありました・・・・

みなさん、この犬の為にとわざわざお店に顔を見せて下さいます。
本当に、凄い犬だな~と改めて思います。
私が、その恩恵を授かってます。 ありがとうゴエ。

正直、あまりの症状に 色々と考えさせられました。
前庭疾患は、ひどい症状が続くと 見ている方が参ります。
もっと早くに、このような養生場所を作っていれば
犬も人間もどれ程ラクだったでしょ。。

もし、同じ症状で悩んでらっしゃる方がいらっしゃったら
まず最初にこの柔らかく、隙間の無い養生所をつくってあげて下さい。
そうすれば、飼い主さんの気分がグッと!グッと!楽になるはずです。
目離しも出来ます。 ゴロンゴロンとしていても痛くないと思えるだけで
精神衛生上良いですよ。

犬の個体個体で症状も違うでしょうが、御参考になればと
色々と書きました。

傷が癒えて、症状も軽くなる事だけを願ってます・・・・




ねえ、ごえ。
 今日は友達ワンコのお母さんからパンもらったよ
「ごえと一緒にどうぞ」って。
食べる? 
Img_0187
@:%&‘*
中身はね~ メロンパン!
食べる?
Img_0192
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
食べたい?
どうする?
Img_0199

Img_0215
確認!
Img_0218
とうっ!

という所まで回復しております。
皆さんに見て頂くのに、ちょっとお座りしない?
Img_0227
座れたね。 よかったね。
じゃあ、お一つ
Img_0250
どうぞ。
Img_0254
はぐーーーー!
美味しく頂きました。
ありがとうございました!!

この後、又もやゴロンゴロンでしたが。
一瞬でも昔のごえです。
この一瞬の為に頑張ってます





























 

« 犬 その後 | トップページ | ほどがある »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ごえちゃん、メロンパン美味しそうにかぶりついてますね。とっても辛そうな体勢になってますが、食欲が出てきたのでしょうか。ちょっとほっとしました。

たーさん。
心身ともにきついのにもかかわらず、なお同じ境遇の方にむけてブログを丁寧に更新する姿に心から尊敬します。たーさん、本当にスゴイ方です。
ごえもんさん、メロンパンおいしかったね。よかったね。

飼い主の愛情と努力を感じるわ。
ごえちゃんの嬉しそうな顔。
食欲あってよかった。

ぽんつさん。
これでも、写真が撮れるくれいに良くなったんですよぉ~~
本犬はなんとも思ってないんでしょうが、たぶんがんばってるんだと思います。
食べよう!という気があるだけでも有難いです。

Iさん。
いやいやいやいやいや~~~
そんな人間じゃないですって~~
同じ事で悩んでる人がいる!と思うとがんばれる所もあるじゃないですか
がんばらずに、やりますね

なっちゃん
後悔ばかりで、ちゃんとしていればこんな事にはならなかったのではと。
ひどい飼い主でごめんね

 あんまり残ってないアタシの元気をあげたいわ!

 でもあれね、食欲があるうちは大丈夫ね!
 応援してるわゴエちゃん。

 がっつり食べて、甘え放題してくださいませ。

「養生ブース」が、ごえちゃんの状況に合わせて、日々改良されて行く様子を拝見し、たーさん、ご家族さまの深い愛情に、胸が熱くなります。ごえちゃんの食欲が出てきてよかったですね。この調子で、病状が良い方へ向かって行くように日々祈っています。

タガメっち。
ガンガン甘えさせております。
でも、何時でも来てもらえると思っているのに来てもらえないと
ゴエの方がストレスになるだろうから、タイミング見てガシガシやってます。
これで回らなければ何でもないのにな~~
時間がかかりそうです。

ぽちさん。
ありがとうございます。 ゴエは幸せ者です。
そんないい人じゃないですよ、人間の為にやってます。 
少しでも寝られるように♪
ひいては、犬の為になるんだと思います・・・・・・なったらいいね~~・・・・みたいな。
お陰で、昼間仕事やお買い物に行っている長時間もちょっと安心して目離し出来る様になりました。 夜も流血していないかとドキドキする事が物凄く減りました。
体中のカサブタも取れてきました。 本題の病気が治るといいですが・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1861505/54061927

この記事へのトラックバック一覧です: 犬 前庭疾患の養生ブース:

« 犬 その後 | トップページ | ほどがある »

無料ブログはココログ