« 1がつ2にち | トップページ | だれか、開発して下さい »

2014年1月 8日 (水)

燻し

近隣の庭には、数種類の果実木が植えてある。
ここ数年でそれらは数坪の庭で、立派に成長した。
一部は2階ベランダより収穫出来そうな程になった。
中でも、イチジクは「そんなにデカクしてどうする?」と思う位だった

が、この秋に、ある程度の剪定を加えられた。
それらはウチのメッシュフェンスを突き抜けて枝を伸ばし、洗濯物を干すには支障を来していたので大歓迎だった。
Img_1457
めでたし、めでたし。


で、年が明け松の内の1月4日。午後より。
突然、裏の家が真っ白なモヤに覆われた。
Img_0910
なんや!なんや!この煙たいのんはっ!
と、慌てた家族が点検して回ったら

近隣の方がイチジクの枝を燃やしておられました♪
あぁ、びっくりしたよ・・・・・。
尋常でない煙だったので火事かとおもったわよ・・・・。
たき火か~~~、安心した~~

等と悠長な事を言ってたのは最初の内だけだった。
そのたき火は、チットやソットでは終わらず数時間にも及んだ
その間中物凄い煙で、心配になって見に行った姉の情報によると、
一斗缶の蓋を閉めた状態で燃やしていた。いや、燻していたと言う方が正しい。
燃やしている所がカーポートの下だから炎を上げる訳には行かないのであろう・・・・・・。
そりゃ~~凄い煙。
Img_0909
目に沁みるやんかーーーっ!

生乾きのイチジクの木はかなりの臭いと煙が出るのだと分かった。
えげつない。 えげつない・・・・。(2回言ってみた)

我が家の裏の空き地がその殆んどの煙の溜まり場と化し
真っ白な空気がなかなか抜ける事が出来なかった。
昔の家なので、土間が家の中を突き抜けていて
その土間が煙突代わりとなり、家中をくん煙で満たされた。
これで、表の家もイヤな虫が居なくなる♪

じゃねーーーーしっ!

あかん!このままではあかん!と、土間の途中の扉を閉めて
煙の通り道を塞いで、被害を最小で防ぐ事が出来た。
Img_1457
めでたし、めでたし♪

で、その日の夜、ママンが布団を整えに自室に行ったら
「ぎゃーーーー!何よ!これ!!!」
彼女の叫び声が響き渡った。
居間にて、めいちゃんと二人で聞いていたのだが
邪魔くさそうだったので(こら!)、
「おまえが行け!」「いや、アナタでしょ?!」と
顎だけを動かしてサイレントトークをしていたのだが
騒ぎを聞きつけた姉がママンの部屋に入ってスグに出て来た。
苦笑いしながら・・・・・・・。

なんやったんやろ?と思ったが、怒り冷めやらぬママンが
居間に戻って来たら、スグに分かった。

ママンの部屋は、煙の溜まり場に面している。
現代の家屋は「24時間換気」が施されていて各部屋には
フィルターの付いた換気口が設けられ、ソコから新鮮な空気が
入り込むシステムとなっている。
この日も例外なく、そのシステムは稼働していた
ママンの部屋は外の新鮮は空気でいつもイッパイ♪

 そう。 新鮮なイチジクチップで燻された空気が・・・・
Img_1486
バルサン完了!めでたし、めでたし♪
絶対に違うと思うよ。

当家に設置されているフィルターは、花粉や粉塵は取り除けても
臭いは無理だと云う事が分かった。
これからは、こういう場合の対応としては
「24時間換気」をOFFにすれば良い。と言う事も分かった。
(常連さんの話では、冬場はずっとOFFにすれば暖房代にも良いらしいです)
Img_1457
タメになって、めだたし、めでたし♪
だから、違うと思うよ・・・・・・・・。

で、怒ったママンは空気を入れ替える為に全開にした窓の前で
 「こんなん、ひどいわ! 臭うて寝られへん!」と、連呼。
近隣の方に聞える位デカイ声で・・・・・・。
どうやら、ココで姉がママンの部屋に入って、スグに出て来たらしい。
空気がスグに入れ替わる訳も無く、「ぎゃーぎゃー」言いながら
窓の前で暫く騒いでいたら
Img_1071
おいおい、近隣の家の明かり消えたで!!
・・・・・・・・・・、いたたまれなかったのでしょうかね?
いやいや、申し訳ない。 でも、ママンの言う通りちょっと凄かった。
ママン、そこでそのまま寝るのはキツかっただろうから
仕方ないわ・・・・・・・・・

という、一連のドタバタがあって。
「ママン、よう言うわ~~」 と皆で言いつつ世も更けて行った・・・・。
いやいや、窓を開け放して騒いだりは私には出来ないわ。
ママン強いわ~~~。
等と思いながら、全員自室に戻って最後に私も2階に上がって
自分の部屋のドアを開けた途端


臭っさーーーーっ!えげつなーーーっ!


自分の部屋が、燻製場と化していた。
エゲツない臭いを発し、目には刺激を感じる程であった。
Img_1487
そりゃそうでしょ?
そう、ママンの真上が私の部屋だ。他の家族の部屋には
風の向きで煙が行かなかったらしく、騒ぐ人は
ママンと私の二人に限られていたらしい・・・・。

そうとは知らず、日付が変わってから気が付いたものだから
窓を全開にして空気の入れ替え「くっさーー!」と騒ぐ事も出来ず
そのままの状態の自室にて

     一夜を過ごしたのでありました。
Img_0969
今年は早々からえぇ事ばっかりやないか♪
・・・・・・・・・・・・・・・・なんか、ワタクシが一番被害に遭ったんじゃね?
寝たのは寝ましたけれどね。 顔を出したら臭くてたまらんので
布団に顔を埋めて寝ましたがな・・・・・。
部屋の中の服とかも、えぇ感じに焚き染められたんじゃないでしょうか?
ま、数日で臭いも消えましたけれど、服の確認はしてない。

お飾りとか、チョットだけを仕方なくトンドするのは良いですが
(本当はそれもダメらしい)相当量の焚火は、 色々と大変です。
皆様もお気をつけ下さいませ・・・・・。

今度、こんな事があったら「やめて~~!」と頼むんだと
ママンが言ってます。
そうしてください。お願いします・・・・・・。
私はこう見えてヘタレなので、ママンに任す!!





« 1がつ2にち | トップページ | だれか、開発して下さい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あかんよ、それは酷すぎ。
焚き火って今したらダメってことになってるよね。
環境問題でも。
さらにそんな煙が多くて、臭いが臭いだなんて。
あり得ないわ。
文句言っても全然悪くない。
お母様が大声で言われて当然。
お隣に反省していただかないと。
回覧板で庭で燃やさないようにって注意を回してもらいたいよね。
マンションは何か苦情が出ると、管理人さんが印刷したプリントをみんなのポストに入れます。

なっちゃん。
ま、煙と臭いは酷かったんやけれど
剪定した枝とかは、ゴミとして持って帰ってもらえへんねん。
だから、直接ゴミ処理場に持ち込むかナンカせんといかんねんけれど
仕事をしていると、平日しか開いていない処理場になかなか持ちこめないしね・・・・
「もやしてしまえ!」という気持ちはよく分かるねんな~~~
穏やかで、温和なご家族だけに、言えへんねんな~~
けど、危ないわな・・・・・。今度はママンが言うてくれるらしいです。

せやからな、庭に大きな木を植えるのは考えんといかんねん!
ウチは前の姉の住んでた棟は、デカイ庭がジャングルになってて
それこそ、イチジクもさくらんぼもビワもユスラウメも竹も植えてたから
わかる! 桜が一番ナンギしたけれども! 竹は油断したら家の中から
突然現れる恐れがあるから 植えたらあかんで!
木は植えたらあかん。 庭師さんに頼むんやったらべつやけどな・・・・
気いつけや~~~~。

うん、それはNG!家の近所だったら通報されちゃう。
こんな乾燥シーズンに町中でそれやったら危険。

MIAWさん
らしいですね。 常連さんも言ってはりました。
近所だったらカドがたつから、そう云う場合は消防に「火事ちゃうかぁ?」って電話するのが一番だって。
消防も、焚火は禁止になっているから言えるみたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1861505/54500750

この記事へのトラックバック一覧です: 燻し:

« 1がつ2にち | トップページ | だれか、開発して下さい »

無料ブログはココログ