« ぶひ | トップページ | こんな感じです »

2014年11月 3日 (月)

納得いかねーー

もうね・・・・・・・
勘弁してほしいですわ。
本当に・・・・・・

Img_0117
ここは・・・・・地獄?  天国行くんじゃなかったのか・・・・
まだ現世だって。ま、こっちも「既に死んでいる」と思ったわ。

先日から、絶好調のゴエモン君。
調子に乗ってました。
Img_0103
眩しいし、もう行かない。
家の前で日干しも出来てたし
Img_9853
脱出してやる・・・・
ソファーの上やら、ケージやらを乗り越えようとしてたし

なんでも出来ると思ってたよね?

そうなんだ。
元気になって来た頃が一番危ないんだ・・・・

分かっていたのですが、ある日。

後ろ脚をビニール紐で2重巻きになって
体を硬直させて動けない犬を発見。
Img_0048
「犬」とは私の事らしいです・・・・
2時間半、目を離している間の出来ごとです。
たぶん、ソファーにでも這い上がろうとしている間に
ひっくり返ったりして絡まったのでしょう・・・・・

仰向けになって最上級の万歳して
上半身90度曲げて、
絡まってない全ての足をピーーーン!と張って
Img_0113_2
ま、こういう状態で見つかりまして。(もっと前足突っ張ってた)
抱き上げると体は冷たくて、
揺さぶっても、目を覚まさず・・・・ もしかしてだけど

死んでるんじゃないのー!

と、本気で思ったその時
Img_0120
はっ!
気が付いた!生きてたよ!!
とホッとしたのもつかの間。 
それからずっと
Img_0181
じぬ゛--! ごわ゛い゛--! じぬ゛--!(再現画像)
と、叫び続け
体の硬直は、いくら摩っても解けず・・・・・・・


病院に駆け込む。


口封じですね。
空気が変われば、気分も変わるのでは?
Img_0179
悪い方にね

診察中も、硬直したままで
特に、右後ろ足は絡まった左足をどうにかしようと
もがいたせいか、ピーーーン!とつっぱり
渾身の力で曲げようとしても、曲がらず。
先生が抱えて机のヘリで足の甲を刺激してみても
足の裏で地面を踏みしめようとはせず

その状態を見た先生は
 「以前の病気から脳に損傷が残ったかもしれません
  今回でまた悪化して足に支障を来した可能性があります」

ですって。 
なので、寝たきりになる可能性あります。
低反発マットを用意する必要もあります。

って、言われたんだけど
既に低反発マット住人ですし・・・・・・
で? ネタキリ?

     まじで????

と、思って 帰って来た所の絵が
Img_0114
・・・・・・・・・・・・
何度も登場しているこの図です。
病院へ行ってやっと落ち着いたというか
疲れ果て寝始めた所です・・・・・
黙ってくれただけでも、もう十分と思った瞬間ですね
おねいちゃんに報告用にパチリ。

前足は曲がるようになったものの 後ろがね・・・
ピーンのまま。
こっちの方が問題の様になってますが
曲がってる後ろ足も 腫れてます。

ただ、爪の色も良いし、骨に別状はないので
大丈夫です。 
痛いでしょうけどね こちらは日にち薬です

この日は、一日中眠り
夜の清拭やめました。 ごはんも鶏ダンゴのみ。
ただただ、黙って寝てろ安静を・・・・・

何回見に来ても、同じ格好で寝ているので
ひっくり返したら
Img_0179
はが~~ (再現画像)
体が固まっているのでこの状態・・・・・・
あ~~あ~~~
寝たきりかよ・・・・・・・・


朝になって、体を拭いて、寝たままご飯を食べて
前足だけは曲がるようになって 
支えれば立てるようになったけれど
後ろ足は、まだまだピーン!で・・・・・・
あ~、一日経ってもやっぱりダメか・・・
と、諦めながらも

元来大げさな犬なんですよ・・・・
以前もちょっと触った(踏んだとも言う)だけなのに
足が痛いと、一ヶ月も3本だけで歩いてた犬なんですよ。

なので、又騙そうとしているのではないかと
ちょっと、思ってたんですけれど・・・・・
医師の話もありますし・・・・

今回だけは願いがかなわなかったか・・・・・
寝て起きて、忘れると思ったけれどダメですか。

仕方ない・・・・もう少しお休みなさい。
と、犬の所を立ち去り
ちょっとしてから、忘れ物して戻ったら













Img_0357
あ゛っ!
立ってとるやないかいっ!


なんやねん・・・・・・それ
と、唖然としてたら

























Img_0368
やべー、やべー
歩けてるやんかっ!!!!



と、いう・・・・・・・

毎度、毎度お騒がせ犬です。
今回も、先生も騙されました。
何度となく期待を裏切られて
 「この犬は、実際の所どうなるんでしょうね?」
と、思っておられるのか 初めて
 「一週間後に報告だけしに来て下さい」
と、言われました・・・・・。犬抜きでって。

うっすら、「騙されてるんじゃね?」とはおもってましたか?
Img_0184
えーーー!バレるもんか!
なんだよソレ・・・・・・・。

今回も、なんとか無事で笑える結末なんですけれど
こうやって、日々運動能力は衰えていく事でしょう・・・・
目を離している隙に事故は起こるもので
その事に対して凄く後悔もするのですが
精一杯の事をしての事故は
この犬の持って生まれた運命なんだと
思う事にしています。

そのかわり、精一杯やろうとは思ってます
もっと、しっかりケアなさっているご家庭が沢山あるも
そんな中、ウチに来てしまったのが
ゴエモンくんの運命なのだから
本当に申し訳ないですが、諦めて頂きましょう・・・・・・

でも、こんな事が起きると心臓に冷水を浴びせられたような
衝撃を食らって、その場ではこんな事思えないんですけれどね

日々、そういう心構えで。
そのためにも、後悔のないように
「これだけやったのだから・・・・」と思えるようにだけ
しようと思う、今日このごろです・・・・

でもね、突然緊張の糸がパチン!と切れたら
夢の国に当日券ででも手に入れて 
リフレッシュしようと 思っております!
あって、よかった。 夢の国・・・・・100周年ありがとう。
Img_0188
ナニモノですか?
いちふぁん!



って、言いながら 普段は適当なんですよ・・・・・
ウチにやって来た時点で諦めてるよね?
Img_0211
納得いかねーーーー!
ごめんよ、ごえもん・・・・・









« ぶひ | トップページ | こんな感じです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うわ〜大変でしたね!
びっくりされたでしょうね。
硬直はとけた様で
本当に良かったです!!!
いちは9月半ばごろから自力で回転
出来なくなり本格的に寝たきり
というか
前足は動きますが
後足は横座り状態、前足での伏せも
踏ん張りがきかず倒れちゃいます。
回転しない分、安心な部分もあります
動きが悪くなり、吠え声付きの
グズグズに悩んで何度かくじけそうに
なりましたが、10月中旬ぐらいから
薬で安静(睡眠)のコントロールが
割と上手くいっており助かっています。
コメント欄に長々失礼しました。
ごえくんどうぞお大事に〜

いちさん。
いちくんも頑張ってますね!!
伏せとか、そんな高度な事やらないんですよ~
そうやって、自分で顔を上げてくれるだけでも
頑張ってくれてますよね!
お薬が効いて、本当によかった。 
巧くお付き合い出来て本当によかった・・・・・

こちらは、それなりにヨレヨレになってますが
頭だけはしっかりしているらしくて
やりづらいです(笑)
低反発マットをフル活用して、見る人によると
ぶっ倒れる!様に横倒しになって、トランポリンみたいに
その反動でしっかり立ち直る。
という高度な技を身につけております・・・・・・
同じ事を外でやったらケガをする事も十分承知のようで
慎重に寝ころびます・・・・その姿もまた生き倒れチックですけれど

見てると飽きませんね~
一緒に居られる時間を楽しみましょうね~

いや、おがには頭が下がります。
これだけしてもらってるごえくんは幸せ。
ビックリしたよね。犬って何故、人間がいるときといなくなったときと違うんだろう。頭いいのね。
よくテレビでもやってるよね。ご主人が留守のときの様子。
見た目より実際は良くてよかった。

なっちゃん。
ほんまに・・・・・、思いもしない事してくれます。
うそ・・ちょっとヤバイかもとは思ってた。
しかし、今までは巧く掻い潜っていたので大丈夫だと思ってたんだけれど
徐々に運動神経は衰えてるんでしょうねぇ・・・・
病気になった時でも、ケージに入る癖が付いていたら
とても安心だし、犬は狭い処に居る方が落ち着くらしいから
とっても良いと思うよ。
水を飲むのもタンクからとか、ペットシートでの排泄とか
やっぱり大事だと実感してます。
ま、ココまでの病気になるとペットシートとか無理かな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1861505/57828610

この記事へのトラックバック一覧です: 納得いかねーー:

« ぶひ | トップページ | こんな感じです »

無料ブログはココログ