« 恩師 | トップページ | 引き続き、便乗 »

2014年11月14日 (金)

便乗

毎朝、連ドラをガン見です。
エリーちゃんが可愛いです。
これほど一瞬で、日本人の心を鷲掴みにした
無名米国娘がいたのでしょうか!
裏の努力を思うと・・・・ 
正座して観賞させて頂く勢いでございます。

さて、このエリーちゃんやマッサンが頑張っているころ
Img_0560
のであろうワインのグラス。
鳥井商店だから。 たぶんそう。
でも、左から書いてあるのはなんででしょ?新しいのかな?
(ほこりまみれなのは、拭くと塗料が消えそうだから。)

鳥井さんは、赤玉を世に出すちょっと前には・・・・・
Img_0553
向獅子印香甘葡萄酒 というのを売ってはりました
なんか、日本人向けに
混ぜ物タップリしたハニーワインちっくなやつだったそうです。
これは、看板ではなくて
Img_0557
そろばんなんですけどね(5つ玉)

この「向獅子印」とは、今も続く
Img_0614
このマーク。 ほれ、サントリーのマーク。
獅子が向かい合ってるでしょ? 
ここへと通じるんだと思われます
Img_0482_2
壽屋さんの時代のものにもちゃんと付いてますな。
Img_0497
    NEAR KYOTO 
って説明があります。
「YAMAZAKI CISTILLERY」って何処よ?って
当時は誰も知らなかったのかもしれません。
この瓶の肩張りには
Img_0488
当時の販売価格も書いてます。
昭和17年位のお値段なんでしょうね。
9円3銭とは、安いんだか高いんだか?
これまた、ホコリ位拭けよ。とお思いでしょうが
Img_0487
色々と危なそうなので 触れません。
で、この時代に既に
Img_0490
なんか、シールみたいなのが貼ってあるのが凄いですわ。
瓶はたぶん、手吹きガラスでしょうか
ウネウネとしてます。

マッサンに便乗ネタ。
まさに、「出すなら今でしょ!」という代物なのですが
Img_0536
サントリーさんだって、便乗ですよ。
「白札」の復刻版ラベルを発売されました。
Img_0534
このマークが復刻版。 
下には「大阪 壽屋 東京」と書かれているのも復刻

そう。それは
Img_0477
この古い瓶の化粧箱のマークでございます。

もう、みんな乗るなら今よ!
だから、
Img_0569
その当時の白札の箱も展示中。

もう乗る!乗る!

自己満足の世界です。

Img_0476
きゃっほーーー
























« 恩師 | トップページ | 引き続き、便乗 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 お久しぶりです。私も毎日連ドラを見ていますが、知りませんでした。さすがにマッサンがニッカウヰスキーの創業者であることは知っていましたが、サントリーの旧商号は壽屋だったのですか。サントリーの創業者は堤真一だったのですか。鴨居商店で売っていた赤ワインは、あの赤玉ポートワインだったのですか。鳥井だからサン鳥井なんですね。勉強になりました。えっ!みんな知ってた?
 それにしても古いものが残っているのですね。整理をすると、小さな博物館ができるのではないですか。眠らせておくのは、もったいない。

babaさん
足はもう大丈夫ですか?
150年やってるので、なんかあります。
値打ちのあるのはないですけどね
ついでに学芸員の資格もあるので、なんかできます。
やる気がないんですけどね

NHKに協力できそうですね〜
すごい!!
私は余市の隣の小樽生まれでニッカウヰスキー工場は
非常に馴染み深いですが…
マッサン見てません(^^;
短時間続きものは今は苦手でして…
2時間ドラマ(サスペンス)専門です
京都での生活年末までとなりそうですが
殺人事件に巻き込まれず(ドラマの撮影)
残念です(笑)

いちさん!
余市のお隣の小樽ですか!!!
すごい!!ビンゴじゃないですか!!

協力て・・・・・歳末募金とか言われそうで こ・わ・い\\\\\

科捜研とかにも出会いませんか!
残りの京都生活で 出会えますように・・・・って
殺人事件にじゃなくて、撮影現場に

お酒は飲めないアタクシですが、それなのに酒屋さんでバイトしてたことがありますけど、赤玉ワインはデザインが好きでした。
スッキリはっきりしていて、デザインとしては逆に現代アートチックというか、目を引いていいんじゃないかと。

どこの国のワインだったか、黒猫がデザインされているのも、可愛くて好きだったなあ。「エスト」はネーミングが好きでした。
お酒って、おしゃれだったりユーモアがあったり、芸術的だったり、容器からして楽しいんですよね。
ペットボトルのでっかい焼酎もありますけど・・・。


たがめっち
私もお酒が一滴も飲めないので同じですよ~
あるよ。クロネコ。スパークリングを置いてるけれど
あるよ。エストエストエスト。 「これ!これ!これやがな!」って意味でそ?(超訳)

タガメッチの読んだ。
わろた。
たまクンに友達と認定されていて 光栄です!!

すごいお宝ですね〜!
なんでも鑑定団に出てきそう。
そういうソロバンもありましたねー、
それをローラースケートにして遊んでいた私。計算できません、今も。
赤玉ポートワイン、下戸ばかりでいただいた1969年クリスマス、お祖父さんの最後のクリスマス。子供の私もほんの少し飲みました。
なんか、色々、思い出しました。

MIAWさん
あとね~~、あのセミヌードのポスターもあるんだよぉ~
でもね~~、額の台紙に使ったので下半分しかないんだよぉ~
ウチらしいでしょぉ~~?
お宝ではなく、ガラクタです。
整理整頓されていないので、ガラクタのままなのですよ・・・・・。

みなさん、ポートワインには色々な思い出がおありですね。
やっぱり、それだけ日本人のDNAにも刻まれると言う
すごいワインなんだと思います。

そうそう。お酒の説明するために、その当時いろんな銘柄について調べましたが、エストエストエストは、相当自信もって名付けたな、と。
「一番や一番や、うちの酒が一番やーー!!」って感じが好きでございます。

お酒が並んでいる様子は、ちょっとした美術鑑賞みたいです。

たがめっち。
なんか、坊主が美味しいワインを探してやっと見つけて 「これ!これ!これ!」と書いたとか・・・・なんだとか? 諸説ありますな。
あたしもね、下戸なんでね、色々とウンチクだけはと思った時期がございました。
ちょっと調べていくと 最終 元素記号にいくのよ。なんでか。
で、止まるのよ。 思考回路が。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1861505/57926906

この記事へのトラックバック一覧です: 便乗:

« 恩師 | トップページ | 引き続き、便乗 »

無料ブログはココログ