« ご報告 | トップページ | 【覚書】遠出する時は、充電器を持っていく事 »

2015年7月26日 (日)

お久しぶりです

長らく、ご無沙汰しておりました。
その間も、こんな日記を見に来て下さってありがとうございます。
その中には
    「前庭神経炎 犬」
というワードでここまで来て下さった方もおられたようです

たぶん、今。
大変な時期の方々だと思います。
私もそんな時がありました。
少しでも参考になれば・・・・と書いた事もあり
少しでも、お役に立てれば・・・・
ダメでしたか?申し訳ありません・・・・。

それで、最期がどうなったか
何も告げる事が無いのは ダメなのかな?と思い
それなりに、ご報告するのがいいのでは?と思い
少しだけ、残しておこうと思います。



前庭神経炎になり、1年7カ月程で 柴犬ごえもんは亡くなりました。
16歳のことです。
運動量も極端に減った分、筋肉も減り
多臓器が徐々に衰えての事だと思います。
原因は、何かはわかりません。
病院に行かなかったからです。

治療しても、抜本的な改善が無い事は
年齢からも明白ですし
延命は、動けないゴエに良い事とは思えませんでした。
個体差はあるものの、この病気になり
ある程度の後遺症が残った場合
頑張れる時間とは
2年程なのかもしれません。

病気になった直後の暴れ回るままで逝かれていたら
私は立ち直れなかったと思います。
その当時は、もう・・・・涙涙で暮らしておりましたし
壮絶すぎて、生き物に対する恐怖心をもち
もう、二度共に過ごそうとは思わないでしょう

それを知ってか知らずか、ごえもんくん。
徐々に回復する姿を見せてくれ
穏やかで、温かく、幸せな時間を過ごさせてくれ
そして、最期まで普通に食事まで摂ってくれ
たった、4日だけ心配させてくれ
旅立ちました。

どこまでも、私の事を考えていてくれていたのではないかと
思ってしまいます。
亡くなる、3週間程前から食べているのに急に痩せ初め
犬と一緒に私も相当痩せました。
20代頃の体重を叩き出して
「おおう♪」
と喜んでたりしましたが、今思えば体は大変だったのでしょう・・・
自分では気がついてませんでした。
しかし、犬は見ていたのかもしれません。
「長引かせるのもなんですね・・・・」
と思ってか、突然一滴の水も口にしなくなりました。
私に出来る事は、口を湿らす事と、
息が楽に出来るように
鼻に溜まる不純物を取り除く事だけ。
だんだんと奥の方に溜まるモノを
そう~~っとそう~~っと、つまようじで取り除くだけ
そして4日後でした。

最期は私の腕の中で・・・・・

って、書くとすごく厳かというか、ドラマのようですが
普通にウンチきばってたので その処理してたら
吐血しましてね。
慌てて抱きあげたら、口の周りを
私の腕で拭きましてね。
・・・・・・・・・・・、おい。
って思ってるうちに逝っちゃいました
その場は、なんだかドリフのコントの最期の暗幕の状態?
ハチャメチャでしたので
いつ、逝っちゃったか分からず
「あれ?死んだの?」
「一度、布団に置こう」
「・・・・・・・・・・・・・・・・」
「動かなくね?」
「死んだのかね?」
等とちょっと笑いが出るくらいの状態でした

不謹慎ですが、ゴエが狙っていたなら
相当、ツボに入りました。
お見事でした。

最期よければすべてよし!

笑顔でさよなら出来たのは
今の私の支えになっているのかも知れません。

ねこの「にゃんにゃん」もその2日前に亡くなるという
ビックリする状態だったのですが
にゃんも、2日だけ。
本当に2日だけトイレのお世話をさせてくれて
眠るように亡くなりました
本当に、気がつかない位の穏やかな
誰にもわからないように
いつもの椅子の上で亡くなりました。

やりきった!
というのがあるのか、一か月経っても
悲しみに暮れる という感覚はありません。
思い出すゴエも病気の時から
元気に飛び回っていたころのモノへと
若返ってきています。

死して尚、若返る!

にゃんに至っては「老いた姿」と云うもの自体
まったく、記憶にありません。
っていうか、そんな姿をみせませんでした。
スーパー猫!だと思います。

こうでなくてはいけませんね。

今、本当に大変な思いをされている皆さん。
お察しします。
いつまで続くか分からない状態。
辛いですよね。

世の中、無駄な経験はない!

今回も、そう思います。
あの、壮絶さがなければ
今でも、メソメソしていたかもしれません。
犬も人間も、アレを体験してしまうと
楽になれたね!
と、心から思える・・・・・・
これも、絶対に個人差がありますね。

そんな感じで一カ月。
そろそろ平常運転と行きましょうか。

« ご報告 | トップページ | 【覚書】遠出する時は、充電器を持っていく事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

たーさん、復活してくれてありがとう!
在りし日のごえちゃんやにゃん姐さんの姿がまたブログで見られるのはちょっぴり嬉しいです。(たーさんは写真を見て思い出して辛くなったら、それはやめて下さってもと思いますが)
きっと二匹でお空の上でつっこみ入れてるから、ブログでごえちゃんにゃん姐さんに再会しても「ほら〜やっぱり突っ込んでる〜」と思えたのでした。
やりきった感は私もそうでした。だから今はありがとうの気持ちだけ。あの犬と一緒に暮らせた時間は幸せな時間だったと思える自分も幸せです。

tani*kisako さん
お恥ずかしながら、帰ってまいりました!
って、程でもないのですけれど・・・・・
そう行って頂くと、本当にうれしいです。ありがとうございます。
ゴエとニャンも今頃羽根が生えてるだけでツッコミ入れてますよね~
そう思いながら古い写真を引っ張り出したりしております。

こんにちは
ごえくん にゃんにゃちゃんの
最後のお話ありがとうございます。
うちも2014/4月に横回転しだして
必死に検索し
こちらに辿りついて
たーさんやごえくんに励まされ
本当に大変お世話になりました
ありがとうございました。
残念ながらごえくんに会いに伺う事は出来ませんでしたが
いつか 奈良にお邪魔したいと
思ってます♪

いちさん。
本当に大変でしたね。
いちちゃんはもう、治まるか
もう、回ってないかと、ごえを見ながら思っていました。
本人(犬)も人間も辛い病気ですよね。
また、ハデにやってくれましたものね~~
今は楽になったでしょうね~ そう思うと嬉しいですね

どうぞ!いらしてくださいね!
楽しみに致しております!

先月虹の橋を渡られたことを知りました。
書く言葉が見つからなくて、見ていただけでごめんなさい。
うちのも夜鳴きとくるくる散歩が始まって一年になります。
いろいろ参考にさせて頂いて有難いです。
一日一日幸せに暮らしてくれるように頑張ります。

ブログの再開、本当にうれしいです。
また楽しませていただきますね。
時節柄、どうぞご自愛くださいませ。

せみみんさん
寄る歳並みでのクルクルは、ゴエの前の犬がそうでした。
あれも、出来るだけ丸いサークルに入れて自由に歩かせてあげるのが
一番ラクチンというか犬も心置きなく回れて良いみたいですけれど
場所の問題もありますものね。
こんな、日記を見に来て下さってありがとうございます。
ボチボチとやっていきますね よろしくお願いします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1861505/60859005

この記事へのトラックバック一覧です: お久しぶりです:

« ご報告 | トップページ | 【覚書】遠出する時は、充電器を持っていく事 »

無料ブログはココログ