住まい・インテリア

2013年3月16日 (土)

エサ。

さて、
Img_4524
庭の改造をした時に
土の中から
Img_4648
発掘されました。
奈良時代だとか、平安時代だとか、なんで土の中やねん。
と、ずっと思って来たけれど
  出てくるもんですな・・・・
推定50年前に埋まったのではないかと思われます。
Img_4647
発掘品にしては美品でございます。
なんかの拍子で地ベタに落ちて
月日と共に土の中へと・・・・・・・・
これは鳥のエサ入れです。  たぶん。
Img_4573
ふぁいなるあんさぁ?
う~~~~~~ん・・・・・・・
じゃあ、何よ? これって、何よ???
分かんないんでしょ?
皆さんだって、分かんないでしょ??
だから、決めます。
これは、鳥のエサ入れです。
Img_4665
中に入れるエサも買ってみました。
麻の実。
これを入れて、野鳥を誘き寄せようと云う魂胆です。
ワタクシ位の上級者になると、ミカンを半分に切って
メジロ狙いだとか、そういうんじゃないです。
Img_4663
ヤマガラ、シジュウガラ、イカル狙いです。
ぬを~~~~っほっほっほっほ!
Img_4571
エサ入れにミカンは無理だからでしょ?
・・・・・・・・・・、いいもん。イカルすきだし・・・・・
黄色いくちばしでエサをクルクルまわすんだぜ~
見たいじゃん・・・・・・・
メジロもウグイスもそんなに見たくないもん(涙)

とにかく、エサ入れの設営ですよ。
Img_4653
黒文字削って針金引っ張り出してコレを作り
Img_4654
こうすると。
これを木に引っ掛けたて、イカル級のが器に足を掛けたら
Img_4598
器、耐えきれず落下しコッパ微塵♪
50年ぶりに地上にでて寿命1週間だなんて、セミか!
それは避けたいので、
ガッツリ安定した所にスタンバって頂きましょう
どん!
Img_4668
灯篭の上。
Img_4669
ここ、ここ♪
どうよ~~~。良い感じじゃないですか??
これで、ワタクシは家の中に入って
Img_4674
シャッターチャンスを狙え!
という訳です。 完璧です。
ズームにすると
Img_4646
鳥、早よ来い♪
と、なる訳です。 完璧です。
最初は、器の中のエサに手を出すのは勇気が要るだろうと
Img_4672
撒き餌までしたもんね~~(見えないか?)
楽しみでたまりません!
最初に来るのは、きっと シジュウガラだと思うの。
ココらへんは雀より沢山見かけるからきっと、シジュウガラ!
とても楽しみです♪

ほう~~~~ら、
Img_4665
これも鳥の皆さんには
Img_46661
こんな風にみえてるのかな~~♪
Img_4667_2
ほう~~~ら。これだって
Img_46671
こうみえるんじゃないの~~~??

ささ、早くいらっしゃい! 待っているわ♪
Img_4328
アマいですね。
 麻の実の嗜好性をよく見てみなさい。


はぁ? さっき見たじゃん。 何言ってんでしょう。
Img_4658
「ヤマガラ、シジュウガラ、イカル等の野鳥類、
ハト、中型・大型インコ類、及び
ハムスター、リスなども好んで食べます。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
はむすたぁ・・・・・・・・・は、ネズミの親戚?



       やめよっかな。

Img_4346
「麻の実」買う前に気が付かない?普通。

・・・・・・・・・・・・・。夜になったらなおせばいいんじゃね?
(共通弁では「仕舞う」ですか?)
その手間をワタクシが惜しむとお思いで?

ね、ね、ネズミも見てみたいかな~~~

つうかさ、ネズミもイヤだけどさ。
ハトが群れなしてやってきてもイヤじゃん。

根本言えば、麻の実の撒き餌でいいんじゃないの?
あの、器に入れる必要ある?
って、器使う必要なければ 鳥にエサやる事もなくね?
Img_4326
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
その後どうなるかは、乞うご期待!  しなくていいです。





























2013年3月13日 (水)

庭。

3月ですね。
良い気候ですね。
Img_4136
どこが?
そう、思ったのも数日でその後は目の前が
真っ黄っ黄の日が多いですね。 
Img_4134
外に出るのもイヤ。 
すごいもんね、黄砂。 その前にね、君、今更
冬毛に衣替えしてどうすんの?
このままでは、今年も
Img_5561
去年と同じ目に遭いますよ?いいの?(昨年撮影)
Img_4142
あ~~ひゃっひゃっひゃっひゃ~~♪
・・・・・・・・、なっても良い気がしてきた。

ごえもん君のサマーヘアー問題は
放置しかないんですけれど もう一つ・・・・・

春と共に蠢くのが
Img_4361
     雑草です。
Img_4378
この、一見なんの問題もなさそうな庭なのですが
小さな草がバーー!っと一面に生えています。
これらの草むしりの季節がやって来たのですよ・・・・
丈も低そうだし簡単に見えますがそれが曲者なんです。
Img_4363
血止め草。 
茎だけ抜けて根は残るのでチマチマと1本1本
特殊技能不要、要根気!で抜き取ります。
      ウザイです。
そして大御所
Img_4370
銭ゴケとシダ。
これらは質が悪いです。
スギゴケの上を覆いかぶさるように浸食していきます。
こうなると土ごと良い苔もコソゲ取るしかなく、
その後には大きく窪みが出来てしまいます。
シダの方も抜き取ると良い苔巻き込みクレーターが出来ます。
それらの窪みには水が溜まり
恰好の銭ゴケ生息地になるのです。
Img_4349
悪循環ですね
そうなんです。 草ムシってゼニゴケ増える。みたいな。
なので
抜本的な対策に着手しました!
結果からお見せしましょう。



どん。






Img_4524
こうなりました♡

あ~~~~~、スッとした!

何をしたかと云うと 表面5センチ程の土を入れ替えました
Img_4456
見よ!このガラ入れの量を!!
これで途中です。
初めは自力でしようかと思っていたのですが
この量を見た時、プロに頼んでよかった!
Img_1873
銭、次第っちゅうこっちゃ
お下品ですよ、姐さん。
体の問題です。 素人が手をだしたら「いわす」ちゅう話です。
  (注:「いわす」=傷める by関西弁)
だって、又同じ量以上の新しい土を入れるんですもん。

      絶対に、無理っ!
Img_4531
ただ、土を入れ替えただけに見えますが
2層構造で水捌けを良くして、高低も付けてもらいました。
この後、杉苔を敷こうかと思っていたのですが
それも、自然な感じではない気がして(今もですが)
このまま様子を見る事にしました。
Img_4257
むしろ、枯葉も草も取りやすいからやろが

そうだけどナニカ??

よしっ!これでこの夏が楽しみだ!
どどどどどどどどどどーーー!っと草ムシって
ばばばばばばばばばーーーー!って枯れ葉拾うわ!

     もう、勝ったも同然。
それでは、一発 言っときましょうか?

  ビクトリーーーー!!

ご清聴ありがとうございますた。
言えるうちに云っておきます。
スグに草も生えるでしょうし苔も生して元通りになるから。
Img_4334
現状維持すればいいじゃん・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・、一応頑張ります。

 
  銭ゴケよ!さらばじゃ!!

で、気を良くして 植木に肥料も必要だろうと
Img_4635
根元(ちょい外)に油かすを巻いてみました。
数日経過した現在。


  庭、臭っさ!

油カスは 土に埋めれば良いのは百も承知でしたが
ジャマくさい折角綺麗にしたばかりだから上に撒いたら
発酵してやんの・・・・・・・・
綺麗な庭で醸す油カス。 
 Img_4342
ごくろうさん・・・・
 暫く庭、封鎖。
なにやってんだか・・・・・









その他のカテゴリー

無料ブログはココログ