乙女部 部活

2013年9月 5日 (木)

乙女部社会科見学 第二段

とある日。
Img_8201
正倉院へと行きました。
「正倉院正院整備工事 第4回現場公開」です。
乙女部社会科見学 第二段です。
応募はがきを出して下さった スーパー主婦さん。
本当に有難うございます!
第一回からずっと出し続けて頂いてた奈良倶楽部さん
本当にありがとうございます!!
そんな皆様の恩恵に与り 今回も見学する事が出来ました!
こういうの大好きです。

前に見てからどれだけ経ったでしょう?(第一回現場公開)
過去のを探せば分かるんでしょうが・・・・・・
じゃまく
Img_8423
こらっ!
すみません。 あれは秋の頃でしたか? いや、春?
正倉院が修理される前の状態を目の前で見せて頂きました。

そして現在。
Img_8209
新調される瓦が乗っているのはこんな感じです。
きれいやな~~~~ と思うのは日本人だからでしょうか??
丸瓦が乗る前ですね。
乗ると
Img_8237
こんな感じになるんですね。
きっと、見学者の為にここだけ乗せて下さったんだと思います。
かっちょ良くなるでしょ? いいですね~~

今回も「宮内庁」の腕章をしている方に 何を聞いてもお答え下さいました。
Img_8202
この柱って、石の上に乗ってるけれど石は全然平らではなくて・・・・・・・。
「あれ、柱が乗ってる部分は石を平らに削ってるのかな?
       木を石の凹凸に合わせて削ってるのかな?」
と、皆さんでボソボソと話していたら
「柱を石の形に削ってあります」
と教えてくださいます。 素晴らしい。


Img_8206
瓦以外にも柱の補強やらもされてます。
正面の階段は 3階というかロフト?部分へ行く階段です。
ロフトにも宝物が沢山運ばれていますから
1300年前の方々はどうやってこの急な階段で
宝物を運んだんでしょう・・・・・


と、みなさん思っている頃。
ほぼ同時に。
約二名が

   「大階段の幅より狭いよね?」

と、思っていたのは言うまでもございません。
「ま、羽根点けてないしね」
「下見てもいいもんね」
「正面向っての笑顔も無しかな?」
「そこはほしい・・・・・・・」
Img_8423_2
誰に見せる?

ま、そんな感じです。

鬼瓦は殆んどが既存のものを使用するのですが
1つだけ割れが大きく、新調するそうです。
Img_8214
左:新   右:旧

複雑なことは分かりません。
てんで分かりませんが
Img_8215
新しい方が 鼻の穴がカッチョイイ。
素人ですんで、それ位の感想しか出ません。
すみません。
とにかく、末永く 邪気を払って下さい。お願いします。
(鬼瓦ってそういう役割で良かったですか?)

もっと、ちゃんとした先生から怒られないレポートは
こちらでどうぞ。
一緒に行ったなんて、絶対思えない ちゃんとした内容。
でも、一緒だったんですよ♪
信じられませんね~~

地元でどんな事が行われているのか
知るのもいいな~~って思いました。









 

その他のカテゴリー

無料ブログはココログ